十和田湖 噴火

十和田湖はできたと考えられる成層火山が陥没してできたカル
万 4 この陥没は約。デラが出発点となっています
年前から始まった大規模な噴火活動によるも 3000
万年間に少なくと 3 年前までの 3000 万 1 約、ので

、回は 3 そのうち、回の大規模な噴火活動があり 6 も
数百度の高温の火山ガスと共に火山灰や火山弾など
火砕流の、が一団となって高速度で斜面を駆け下る
年前の 3000 万 4。大規模なものを伴っていました
万年 3、
億トンのマグマが 100 奥入瀬火砕流では
億 500 年前の火砕流ではそれぞれ 5000 万 1 前と
これらの。トンの噴出物があったとみられています
現在の十和田湖にあたる最大径、
一連の活動の結果
最近の研究に。カルデラができました 1 の第 11km
数時間、年前の火砕流の噴出物は 5000 万 1、よって
。の間に放出された可能性が高いと考えられて